ドローン操縦士になる完全ガイド!資格や就職におすすめ店まで網羅!

ドローン操縦士の写真

ドローンを始めようと思っているそこのあなた!

ドローンがあれば仕事として稼ぐことが可能で、許可や資格にうるさい日本では特にドローソ操縦士の需要は今後も伸びると言われています。

ここでは、ドローンの利用方法から、資格の取得方法、さらには仕事にする方法に、おすすめ専門店など、全ての情報を網羅してまとめました。

目次を押すとスクールするので、下記の項目からどうぞ。

メリット

ドローン操縦士になるためのメリットは2つ。

仕事の幅広い!

ドローンを使った特殊な映像は、今では多くの業界でも求められるようになっております。

大きく分けただけでも下記の11種類。

  • 農林水産
  • 調査・管理・リフォーム
  • 警備・監視
  • 災害対策
  • 捜索・救助
  • 巡視・点検
  • 危険区域作業
  • 計測・観測
  • 撮影・エンターテインメント
  • 輸送・物流
  • その他(レース・教育・軽作業)
細かくあげ始めれば60種類以上と需要の多さは尋常ではなく、潜在市場も含めればその規模は15兆円以上と言われており、

2020年には14万人のドローン操縦士が必要になると言われています。

副業にも開業にも!

これだけ需要が多いドローンだからこそ、好きなように働くことができます。

メディアを運営する制作会社などで操縦士の求人があるのはもちろん、操縦士専門の派遣会社もあるぐらいで、企業に入って安定的に稼ぐことができます。

また、クラウドソーシングサイトでは多くの依頼があり、自分で仕事を選んで受注することが可能です。

ドローン専門会社を探す検索も非常に多いので、開業してホームページを運用して置けば、自然と受注が入ることもあるでしょう。

さらに危険区域作業や災害対策では、企業だけでなく都道府県や市区町村から直接仕事を貰える可能性があり、安定しやすいという期待もできます。

極めつけは、趣味で撮った動画や、ちょっとした映像でも買い取ってくれるサイトがあったり、YouTubeをとして収益を得たり、販売することも可能なので、仕事の種類はつきません。

スクープ動画を買い取ってくれるサービスの写真 衝撃動画で稼ぐ!スクープやおもしろ動画の買取サービスのまとめ!

資格の有無

大きさや利用条件にもよりますが、ドローンを飛ばすための資格が必須と言うわけではありません。

そもそもとして、国家資格はありません

なので、機械が得意な方は独学で飛ばすことができるようになるのは容易でしょう。

ただ、もちろんお仕事をするうえで必須な場合もありますし、あると優遇されるということがあります。

ということで、念のためその詳細から見ていきましょう。

種類

初めての方やビジネスにしたい方におすすめの資格は下記の6つです。

  • 操縦技能証明書(JUIDA)
  • 安全運航管理者証明証(JUIDA)
  • ドローン操縦士回転翼3級(DPA)
  • DS・J 4つ星技能認定(DSJ認定資格)
  • DS・J 2つ星技能認定(DSJ認定資格)
  • DS・J 1つ星技能認定(DSJ認定資格)
  • DJI AGRAS MG-1のオペレーター認定証(農林水産航空協会)
見ての通り、民間がかなり増えており、色々とややこしくなっています。

とりあえず覚えておくべし内容としては、国交省の条件を満たした資格であれば、飛行許可申請を簡略化することができます。

(JUIDAとDPAなど)

『農林水産航空協会』の資格だと農薬散布のお仕事ができるようになります。

このように、目的や用途に合わせた資格を取得するのがおすすめです。

学校選びのポイント

実技が必要なドローンの学校にはオンラインスクールと言うのがなく、どこかしらの学校に通う必要があります。

費用の相場としては5万円~20万円で、1日~5日間程度が目安。

そこで大事なポイントとしては、内容の充実度です。

まだまだ少ないドローンの学校市場では、安ければ良いというわけではく受講内容が肝心です。

例えば、本気でビジネス展開を見据えるのであれば、動画編集の能力も必須だと言えます。

赤外線カメラなどをはじめとしたドローンならではの技術や知識が費用な場合もあるので、ただの動画制作の能力プラスアルファの知識が必要です。

そういったサポートまであるかどうかや、受講する時間数や期間などにも注意しましょう。

せっかく資格が取れても、どこか腑に落ちないような内容であれば意味がありません。

失敗したくない方は複数のスクールのカウンセリングを回るのも良いでしょう。

おすすめスクール

実際に資格取得ができるスクールをまとめました。

日本ドローンアカデミー

全国に5つのスクールを構え、JUIDA『操縦技能証明証』『安全運航管理者証明証』が取得できるスクール。

日本ドローンアカデミーの写真

費用 270,000円
期間 全5日間
場所 東京本校・札幌校・名古屋校・大阪校・沖縄校

DSJ東京中目黒校

『ドローン操縦士回転翼3級』が取得できるスクール。

DSJ東京中目黒校の写真

完全マンツーマン指導で、関東で最も多くの卒業性がいる人気ナンバーワン校。

費用 フライトコース:120,000円
ビジネスコース:200,000円
期間 全4日間
場所 東京都江東区潮見2丁目8
JR 京葉線「潮見」駅から徒歩1分

詳細はこちら⇒DSJ中目黒校の詳細ページ

秋葉原ドローンスクール

JUIDA『操縦技能証明証』『安全運航管理者証明証』が取得できるアキバのスクール。

秋葉原ドローンスクール

費用 228,000円(税抜)
期間 座学2日・実技2日
形式 座学:秋葉原校
実技:さいたま市

ドローンスクールジャパン

茨城・埼玉・千葉で、どの資格でも対応しているスクール。

ドローンスクールジャパンの写真

地域的に農薬散布が特徴で売り出しておりますが、様々な資格やコースが揃っております。

遠方で遠いという方には、無料の宿泊制度や高速代金0円などのサービスもあります。

費用
  1. 体験コース(30分):3,000円
  2. チャレンジコース(90分):10,000円
  3. スキルアップコース(60分):10,000円
  4. スカイムービーコース1日間(9:30~16:30):6万円
  5. スマート農業コース3日間(9:30~17:00):15万円
  6. フライトコース2日間(9:30~16:30):12万円
  7. ビジネスコース2日間(9:30~17:30):20万円
期間 3日か5日で9時30分から17時00分
住所 <埼玉浦和校>埼玉県さいたま市桜区西堀三丁目22番16号
<茨城土浦校>茨城県土浦市神立町3609-2
<千葉野田校>千葉県野田市七光台367-13

お申込みはそれぞれ学校専用ページがあるので、お選びください。

詳細はこちら⇒埼玉浦和校はこちら
 
詳細はこちら⇒茨城土浦校はこちら
 
詳細はこちら⇒アグラス野田校はこちら

働く方法

資格を既に持っている人、ドローンを既に持っている人、未経験でも働きたい人、この方達におすすめのお仕事方法を2つご紹介いたします。

スカイエージェント

未経験も可能で、日本唯一のドローンに特化した転職サイト。

スカイエージェントの写真

『ドローン空撮.com』というポータルサイトを持っている会社なので独自のルートが数多くあり、日本全国ほぼ対応で好きな業界を選ぶことができます

もちろん登録費用も無料なうえ、未経験でも教育体制が揃っているので操縦士としての仕事を気軽に始めることができます。

詳細はこちら⇒スカイエージェント公式ページ

coconala

既に資格や機体を持っている方におすすめなのが、技術を売るということに特化したクラウドソーシングサイト。

ココナラの写真

占いから弁護士案件まで色々な分野がありますが、『ドローン』と検索すると現在55名の操縦士が出てきて、それぞれ料金や得意分野を見ることができ、そのまま依頼することができます。

つまり同じようにサイトに登録すれば、ホームページ制作会社不要もいらずに自分で仕事の受注ができる環境を作れるので、仕事を取るうえで登録は必須と言えます。

受注が決まった時のみの手数料なので、登録費も月会費も不要で簡単に登録することができます。

詳細はこちら⇒ココナラ公式ページ

買う店舗

ドローンを購入したい方におすすめ、アマゾンや楽天ではないような専門店を2つご紹介。

全国にまだドローンの専門店が少ないと言えど、2~3個扱うだけの店舗などもあり、そういった店舗も含めれば様々なショップがあります。

そういった中でもおすすめはやはりシェアが多いDJI。

なおかつ、購入後のサポートなども含めれば正規販売店に限ります。

とういことで、キャンペーンでお得に買えるページをご紹介。

DJIストア

世界のドローン市場で、70%のシェアを誇るDJIの公式オンラインサイト。
詳細はこちら⇒

現在、上記からのバナーで送料無料で33%オフのキャンペーンとなっています。

DJI認定ストア大阪

DJIドローンの正規販売店ですが、西日本で唯一として店舗もあるのが特徴の通販サイト。
詳細はこちら⇒

実店舗があるサイトならではのメンテナンスや相談サポートが強み。