花粉症の治療で稼ぐ!スギ花粉の治験モニターに参加してみた!

辛い花粉症に悩むそこのあなた!

新薬お試しの治験モニターにて、無料で花粉治療を受けながら、謝礼としてお金ももらえる治験のモニターがあるのはご存知でしょうか?

ここでは、実際に行ってきた編集長の体験をふまえてまとめました。

花粉の治験について

国民的アレルギーと言われるほど多くの方が悩む花粉症。

医療の現場では少しでも良い薬を出せるように、日々研究されており常に新しいお薬が出ています。

その新しいお薬の候補を一般人である私たちが使ってみて、効果や安全性を確認するというもの。

治験の詳しい情報は下記の記事でどうぞ。

報酬について

今回参加したスギ花粉の治験では、16回の来院で220,000円。

さらに人によってはさらに加算になる場合があり、最大250,000円。

驚きのポイント

実際に参加してみてわかったポイントを5つまとめます。

①参加しやすい

今回の募集は150人とかなりの人数で、説明会や健康診断でもかなり多くの人数が集まっていました。

治験のサイトに登録して3年が経過しましたが、毎年この治験の募集をしており、たまに電話でも「参加しませんか?」と連絡がくるぐらいなので、色々な治験がある中で最も参加しやすい治験なんだなと感じました。

実際に、過去にも2,000人以上が参加しているということで、ポピュラーな治験と言えます。

「治験は怖い」と言うイメージの方が多いようですが、お金をかけずに花粉症のお薬を貰えるうえ、高額な謝礼と考えれば治験デビューにはもってこいでしょう。

②期間が長い

花粉の治験は、試験だけでも3~4週間に1回の通院で3ヵ月近くかかるうえ、事前の検査や事後の追跡調査への対応を含めれば2年近くの治験となります。

他によくある治験の「一週間だけ入院」や「自宅で健康食品を食べてアンケートに答えるだけ」というものと比べると大きな違いがあることがわかります。

また、もちろん花粉の治験中は他の治験に参加できませんし、治験終了からしばらく期間をあけなくてはいけないので、かなり長い期間を取られることとなるので、定期的に治験に参加したいという方にはデメリットと言えます。

③ケッコウ大変

治験と言えば、「通院して注射を打つ」というものや「薬を飲む」というのが一般的ですが、スギ花粉の治験にはチャンバーという試験があります。

チャンバーの施設内の写真

このような空間に複数名で入り、花粉をばらまかれ、その症状や様子をモニターで見られるという内容です。

1~2時間ほど座ってるだけなのですが、途中で鼻をかむなどの指示があるのでイヤホンで音楽を聴いたりすることはできませんし、基本的には異物の持ち込みが禁止なので、じっと待機することとなり、かなりヒマです。

コンクリートの冷たい空間なので、少し寒さも感じます。

チャンバー試験は複数回あるうえ、毎回3日後まで日誌を書いたりなどする必要もあります。

なので、謝礼金が高いと言えど、ちょっとした努力も必要と言えます。

④花粉が辛い

このスギ花粉の治験では、『花粉症が収まる』という治療の経緯を見るため、最初は花粉の症状がたくさん出ていることが前提となり、治験の前はマスクなどを装着することができません。

もちろん、花粉のピークの時期も、薬を飲んだりマスクや眼鏡の対策ができないので、もろに花粉症の症状が出ることとなります。

そして治験の観点から、なるべく治験中は普通の点鼻薬や目薬のような市販薬を予防に使わないでほしいというのもあり、花粉の症状が辛い人にはかなり辛い期間が出る可能性があります。

ただし、耐えかねる症状が出た場合は、レスキューとして適量を使うことは可能です。

⑤試験中は子作り禁止

これは他の治験でもありますが、治験の薬を飲んでいる間や、終了後の1ヵ月などは子供を作ることができません。

女性はもちろん、男性も適切な避妊をしなくてはいけません。

花粉の治験が可能なサイト2選

スギ花粉の治験を受けるためには、治験の会社に登録する必要があります。

多くのサイトがある中でも、特におすすめで当サイトでも提携している安全なサイトを2つ紹介。

①JVCN(花粉)

まずはポータルサイトのように、豊富な案件から探すことのできるJVCNと言うサイト。

JVCNの花粉症の治験募集の写真

サイトの中で募集中の案件を探すことができるので、自分の希望にあった治験を探すことができます。

今回の治験もこのサイト経由で応募したので、花粉の治験も特に多く揃っています。

安心実績のJCVN治験モニター

②テミスゲート(花粉)

こちらは選ぶタイプではないのですが、特に高額な案件を多く紹介してくれるテミスゲートと言うサイト。

テミスゲートの花粉症の治験募集の写真

先ほどのJVCNが求人サイトだとすれば、テミスゲートは派遣会社や転職サイトのようなイメージで、あなたの希望に合った希望の条件を探して提示してくれます。

花粉症治験も対応しているのはもちろん、花粉の治験以上に高額でスケジュールの調整がしやすい案件などを紹介してくれるでしょう。

ただし、現在は花粉の案件はほぼないうえ、違うアフィリエイトの広告が来るようなので、ご注意ください。

まとめ

以上が花粉の治験情報の実態でした。

かなり高額と言えるほどコストパフォーマンスが良いのですが、特に回数や期間が長いこのスギ花粉は日程の調節が難しいのがネックです。

しっかり先を見据えた計画が必要でしょう。

薄毛の方に向けた薄毛の治験なんかもあるので、お時間がある方は他の治験もおすすめです。