レシートを売って稼ぐ!という予定だったONEの今!

レシート買取アプリのONEの写真

今までもらうことすらなかったそのレシート、お金になります!

というキャッチーなふれこみで多くのメディアに取り上げられた話題のアプリONE。

サービス停止からその後を追いかけてみました。

ONEとは?

何の買い物でも構いません。

あなたがお店で貰ったレシートをアプリで撮影して送るだけで10円になります。

一日の上限数は10枚までの100円まで。

個人情報が特定されるような情報はモザイクをかけてOK。

捨てるものをお金に換えられるというキャッチーなサービスはもちろん、このアプリを作った会社の代表が17歳ということで、天才起業家というキャッチも加わり多くのテレビ番組で取り上げられ大ヒットというアプリとなりました。

しかし!

アプリのリリースからわずか16時間で約8,5万ダウンロード、約7万人のユーザーから24.54万枚のレシートの買取があったということで、予想外の反響でそのままサービス停止となってしまいました。

アプリ内容の変化

アプリのリリースから今までをまとめていきます。

レシートの買取

これは先ほどの説明にもあげたように1日と経たずとしてサービス終了。

2018年6月:ガソスタレシートの買取

DMM AUTOと提携し、ガソリンスタンドのレシート限定ということでようやく再開。

値段も30円から100円とさらに高額にアップ。

ただし、せっかく単価が上がるも一人1枚限定で永久に1回のみ。

2018年7月:保険証券の買取

hokanと提携し、保険証券の買取を開始。

保険証券には住所などの情報が多く乗っていますが、今回はモザイクなしでの撮影。

そんなこともあってか、単価は100円から400円と、またしても初期のレシートよりも高額。

しかし、またしても30分という短さで上限の1250枚が集まり終了。

2018年8月ヘアラボのアンケート

ヘアラボと提携し、ヘアケアの写真の買取とアンケートの開始。

写真が最大20円、アンケートは最大100円で買い取るとのこと。

買取という程ですが、結局写真なんてほぼ使われないでしょうから、アンケートがメインですね。

ただ、そのアンケートすらフリーズなどのエラーが多く、対象のユーザーには100円の配布がされるなどのトラブルが。

また、ここまでくると「レシートの買取を再開しろ」というクレームの嵐がTwitterには巻き起こっています。

まとめ

ということで、現状は最初のレシート買取の分の換金を待つユーザーが多いクレームが多数ですが、なかなかうまくいかなそうです。

ちなみに、アンケートだったら、他にも多くあるポイントサイトのほうがよっぽどお小遣いになるでしょう。

無料のポイントサイトで稼ぐ!優良サイトまとめと稼ぐコツまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA