最も簡単な求職活動実績で失業保険を受け取る方法

失業保険のための求職活動を行う女性の体験談を話す女性の写真

失業保険を受けるために必要なのが、月に二回の求職活動!

「履歴書を送るだけでも平気なのか」

「電話相談するだけでも大丈夫なのか」

こういった点を含めて、少しでも手間が少なく、求職活動を作るための方法をまとめました。

一番おすすめの活動方法は?

休職活動には色々な方法がありますが、どれが一番良いのでしょうか。

それはあなたの理想のゴールによって変わります。

ざっとおススメ順番に書くと下記のような順番です。

  1. 最も簡単で手早いのはハローワーク
  2. なんとなく程度でとくに何も考えてないなら説明会
  3. 精神的になるべく人と話したくない人は履歴書の送付
  4. ちゃんと仕事にこだわるなら転職サイトで休職活動
 
という形です。

ということで、このページではその方法の紹介と、失業保険が受け取れないという失敗をしないための注意点を3つまとめていきます。

1、ハローワークの注意点

まず、最も手っ取り早くおすすめとなるのが、ハローワークでの求職活動。

意外とミスしてしまう方が多い注意点として、抑えておきたいのは2つ。

  • パソコンの閲覧だけでは実績にカウントされない
  • 職業相談は1日に複数回しても1回までしかカウントされない

例えば、パソコンで求人の閲覧や印刷をしても回数にならないので、認定日になっても振り込んでもらえないというのが一番よくありがちな例なので要注意と言えます。

逆に職業相談となると重い話しになるのではないかと委縮される方が多いようですが、全くそんなことはなくただのお喋りと思って気軽に利用して大丈夫です。

もちろんあなたの希望に沿って紹介などが行われますが、必ず応募しなくてはいけないということはなく、どんどん色んな求人を一緒に擦り合わせしていくという形です。

それか楽に済ませたいなら、パソコンの閲覧をしてプリントアウトして、それを持って行って求人状況を聞く程度でも大丈夫です。

時間も早い人だと10分程度で終わります。

2、説明会やイベントの注意点

続いても簡単にできる方法であり、惰性で聞くだけで楽な説明会への参加。

特に喋ったりする必要がないので、ハローワークよりも人気ではありますが、場所がバラバラなのでハローワークより面倒になる可能性があります。

また、説明会によっては、休職活動実績に認定してもらえない場合もあります。

なので、不安な方は必ず失業認定の活動実績になるか直接確認しましょう。

そういった所のほとんどは、「参加するだけで失業保険の認定になる」と告知している所が多いので、探しやすいでしょう。

例えば下記のようなサイト。

東京都公認の説明会↓

3、本当に就職活動を行う

履歴書だけだと不安だし、どうせ説明会やイベントに行くならいっそのことちゃんと就職を視野に入れて活動したいと思う方!

そんな方には、就職活動の実績になるリクルートスタッフィングさんがおすすめ。

リクルートはもはや説明不要と言うほどの求人大手なので、最も自分の理想にあった転職が叶うでしょう。

こちらへの登録でも就職実績になって、本当に早く就職が決まった場合は、失業保険からお祝い金をもらうことができるので、早く仕事もできて2倍お得と言えます。

4、履歴書だけ送る

最後は、精神的に不安定だけど、失業保険は受け取りたいので、なんとか就職実績を作りたいという方におすすめなのが、履歴書の送付。

送ることによって応募とみなされるので、とても簡単と言えます。

ただし!やはりこれもまれに認定されない場合があるどころか、募集もしてない所であれば個人情報にも問題が出てしまうので、確実なのは転職サイトを使うこと。

転職サイトで案件を探して「まずは履歴書の応募」と言う所は、完全に応募したとみなされる確率がほぼほぼなので、安心して良いでしょう。

また、重苦しい話しが嫌な方はバイトサイトでも良いでしょう。

キャッシュバックバイトの写真 キャッシュバック付きのバイトで稼ぐ!おすすめサイト3選!

特にリゾートバイトなんかは履歴書応募が多い気がします。

リゾートバイトの写真 リゾートバイトを探すのにおすすめサイトと注意点まとめ!

そして一番良いのは正社員ではなく派遣社員。

派遣社員と正社員の違い 嫌な会社で正社員を続けるぐらいなら派遣で転職がおすすめ!

まとめ

以上が失業保険を受け取るために必要な求職活動の方法と注意点のまとめでした。